BJD DOLL

元AKB48板野友美似 BJD人形 海外限定の球体関節人形で小悪魔的ポージングを楽しむ

更新日:

板野友美彼氏
最近大人っぽくなった板野友美さん。AKB48に在籍していたころは、小悪魔的な笑顔が印象的でした。

過去には仮面ライダーシリーズ(映画:東映)にも出演されていています。

その影響かはわかりませんが、バンダイこどもアンケート(実査: 2011年)では「お子様がお母さんにしたい有名人」女の子の回答で8位に挙げられています。
中でもとくに小学校中学年の人気を集めており、女の子3 - 4年生の回答では2位となりました。

板野 友美(いたの ともみ)

愛称:ともちん、ともちゃん
生年月日:1991年7月3日
年齢:28歳(2019年時点)
出身地 :神奈川県
血液型:A型

公称サイズ(体重は2014年10月、その他は2013年時点)
身長 / 体重:154 cm / 36.8 kg
スリーサイズ:75 - 55 - 78 cm
靴のサイズ:22.5 cm

活動
デビュー:2005年12月8日
ジャンル:歌手、タレント、モデル

備考:元AKB48メンバー(元チームK)
(以前は初代チームA)
他の活動:フットサル選手(XANADU loves NHC所属)
事務所:ホリプロ

人物
銀行員の父、学校の教師の母のもと、神奈川県で生まれる。大阪府の北千里で幼少期の5年間を過ごした。2人姉妹の姉で、4歳年下の妹・板野成美がおり、2011年1月5日に自身のTwitterにて妹との2ショット写真を公開した。
妹の成美は2015年にサブウェイのCMに出演している。
小学生の時SPEEDのライブを観たことがきっかけで、アイドルを目指すようになった(父親の証言)。

趣味は音楽鑑賞。寝ることと食べることが好き。
好物:ご飯、納豆、麺類、肉、キムチ
「日本一まずいラーメン屋」とされる彦龍のラーメンに「おいしい」とコメントするなど、味覚オンチ扱いされている。

特技:ダンス、エレクトーン、水泳、一輪車
また、父親のギター修理やカスタムを手伝っていた関係でギターに詳しい。

尊敬する人物:安室奈美恵、浜崎あゆみ
理想の女性像:ヴィクトリア・ベッカム(共にAKB48に在籍当時のプロフィールより)

AKB48
AKB48初期メンバーの一人であり、「チャンスの順番」「上からマリコ」以外の全てのシングル表題曲に参加した中心的な存在で、主力メンバーの一人だった。
初期の頃は幼さを売りにしており、キャッチフレーズは「お耳がぴょんぴょん」であった。
2013年8月25日に開催された東京ドーム公演において、自らの後継者としてチーム4(当時)の相笠萌を指名した。

(「板野友美」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2019年11月6日 (水) 14:19 UTC)

その他、女性誌の専属モデルを務めたりなど多彩な活躍をされています。

そんな魅力的な板野友美さんですが、海外でこんな人形を見つけました。

板野友美▼    ▼    ▼
球体関節人形 BJD 1/4 エルフ 40cm フルセット

板野さんより少し穏やかな感じですが、きりりとした目元やアヒル口なところが似ていませんか?

これは、「球体関節人形(BJD)」と呼ばれる海外限定販売のドール(人形)です。

関節部分が可動するためこう呼ばれていますが、関節が曲がることにより、より人間に近いポージングができます。
そのため写真撮影や展示などにも向いています。

板野友美結婚

一般の人形だと肘や膝など関節部分が曲がらないこともあり、突っ張った印象になりますし、とれるポーズも限られてきます。

ですが、球体関節人形の場合は自然な動きができるため、例えばグラビアアイドルようなポーズも可能です。

板野友美年齢

選ぶ際の注意点としては、大きさのラインアップが幅広い(基本的に15~70㎝)のですが、躍動感のある動きや存在感が欲しい場合はある程度の大きさのドールの方が向いています。

大きさでいうと1/4や1/3サイズで、だいたい全長が40~70㎝のドールが扱いやすいです。

ただ、ご自身の気に入ったドールがあれば、大きさは関係なくお迎え(購入)した方が愛着や思い入れが出るので、そちらを選びましょう!

akb48 メンバー

今回は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

~こちらでも球体関節人形を解説しています~

「身近なものでわかりやすい各サイズ大きさ比較」

▼   ▼   ▼

球体関節人形サイズ図鑑

-BJD DOLL

Copyright© 球体関節人形の居る生活 リカちゃん人形やブライス人形好きが夢中になる、球体関節人形(リアルドール)ファンサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.